花粉症シーズンにマスクが必須という方は毎年辛いお気持ちの事でしょう。残念ながら、花粉症と縁がない人にはこの辛さを中々理解してもらえないのが現実です。少しでも辛い思いを和らげる事が出来れば嬉しいですよね?正しい対策法を解説していきます。

花粉症に悩む女性

花粉症だと思っていたらゴキブリが原因の症状だった

皆さんは秋の花粉症に悩まされたことがありますか。花粉症の代表的な原因としては、イネ科の花粉やブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどが挙げられます。しかし、これらが原因の場合は10月から11月にかけて飛散量が減少するため、11月の終わりには症状は治まってくる方が多いです。しかし、中には11月を過ぎても治まらないという方もいます。そのような場合は、花粉以外の別の何かに反応していると考えられます。その原因の一つにゴキブリなどが原因でアレルギーを起こしている可能性があります。昔は寒い時期にゴキブリが出るようなことはあまりありませんでした。もともとは森に住んでいた生き物なので人の住む民家に姿を現すことはありませんでした。しかし、暖房器具の普及のおかげで民家に住み着くようになり、寒い時期でも彼らが活動しやすい環境がつくられてしまいました。ゴキブリは冷蔵庫の下、キッチンの隙間などの家の暗く湿っぽい場所に卵を産み数を増やしていきます。ゴキブリが症状の原因になっている場合の方は、フンに対して反応しているといわれています。フンをホコリと一緒に知らない間に吸っているためにそれに反応して症状が出ているといわれています。また最近では地球温暖化による気温上昇によりゴキブリの数も増えているといわれています。そのため今後ゴキブリが原因のアレルギーの症状を訴える人が増えるのではないかと懸念されています。そのため私たちのゴキブリに対する対策もしていかなければなりません。一番大切なのは掃除です。狭いスペースにほこりや食べ物のカスがあるとゴキブリが発生しやすくなるため、こまめに掃除をして発生しにくい環境を作ることが大切だといえます。

TOPへ戻る