花粉症シーズンにマスクが必須という方は毎年辛いお気持ちの事でしょう。残念ながら、花粉症と縁がない人にはこの辛さを中々理解してもらえないのが現実です。少しでも辛い思いを和らげる事が出来れば嬉しいですよね?正しい対策法を解説していきます。

花粉症に悩む女性

花粉症で重症化するとどうなるか

花粉症で重症化するとどうなるか、考えてみることもあるでしょう。花粉症が悪化をしてしまいますと、アレルギー性鼻炎は慢性化しますし、気管支喘息になることもあります。怖いことに角膜を傷つけてしまうので、最悪の場合は失明をする恐れも否定はできません。

花粉のシーズンは鼻炎にも悩まされますが、鼻詰まりや鼻水などの症状がひど過ぎると、夜もぐっすりは眠れなくなります。目にも花粉は入り込みますので、目のかゆみも手伝って、鼻に感じる辛さもり、睡眠障害になることもあります。

睡眠障害はよく眠れないことになるので、慢性的な寝不足にも落ち一安いです。夜はぐっすりと眠って疲れをとるための時間ですので、睡眠が取れないと疲労感はそのまま持続して蓄積をしますし、日中も疲労感が続いて仕事にも、学業にも支障をきたすことになります。

夜眠れない睡眠障害は日中の疲れやだるさをさらにアップさせますし、そこに花粉症の辛さが重なるので、何とも言えない不快感の中で生活を送ることになります。睡眠障害で眠れないと、体内の免疫力はますます低下をしていきます。

そんな状態ですから、日中の業務には集中が出来る訳もなく、仕事ではミスが続くなどして、職場での信頼を失いかねません。職業にもいろいろありますが、何かの運転をする仕事でしたら、激しい眠さと疲労感の中で、運転の仕事をするのは、危険さえ伴うことになります。

無理をして花粉症を抑える医薬品を服用していたら、その成分で余計眠くなったり、症状が悪化をすることも考えられますし、それで体調を崩しては困ります。花粉症の症状は自己判断ではなく、仕事や生活への支障も考えると、早めにお医者さんの診察を受けることが重要になります。

TOPへ戻る