花粉症シーズンにマスクが必須という方は毎年辛いお気持ちの事でしょう。残念ながら、花粉症と縁がない人にはこの辛さを中々理解してもらえないのが現実です。少しでも辛い思いを和らげる事が出来れば嬉しいですよね?正しい対策法を解説していきます。

花粉症に悩む女性

花粉症と点鼻薬とスイカについて

花粉症で鼻が詰まる時には、点鼻薬を利用することもできます。ドラッグストアでも気軽な購入が出来ますので、花粉の時期の鼻づまりには、点鼻薬でスカッとさせるのが早いです。鼻詰まりで辛いままですと、仕事にも現況にも集中ができないので、鼻の通りは解消をして起きたほうがいいです。花粉症は果物アレルギーと似通ったところがありますので、メロンやスイカやバナナ、桃屋キウイにさくらんぼなども、口腔アレルギー症候群には気をつけることです。

でも夏の風物詩でもあるスイカは、真夏の暑い日に冷やしたのを食べますと、みずみずしくて甘みがあって、何とも言えない美味しさがあります。真夏の火照った身体をクールダウンさせてくれますし、乾いた体に良い水分の補給にもなります。

それにおいしく食べていますが、その90%が水分という数字です。だから真夏の蒸し暑い時期には、内側から身体を冷やす作用を発揮してくれます。日射病を予防することにもなりますし、快熱作用もあります。

スイカには栄養がかなり含まれていて、βカロテンにリコピン、カリウムにシトルリンなどが含まれています。アミノ酸の一つでもあるのはシトルリンの栄養で、むくみをなくす作用もありますし、腎臓関連の疾患を予防します。血管を上部にする働きもありますが、この効果は皮の部分が強烈です。

高血圧を招くのが過剰なナトリウムの摂取であり、スイカに含まれるカリウムが、体内の多すぎるナトリウムを排泄させるように働きます。その働きにより、血圧も下がりやすくなります。

トマトにもたくさん入っている、リコピンもスイカに含まれています。スイカのリコピンは脂肪燃焼にも良いですし、アンチエイジングにも最適です。

TOPへ戻る